スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
川を流れる一人の少年
2007-10-13 Sat 08:07
一人の少女とランデブー

この方の書く詩がすごい好きです。
出合ったのは五年前ぐらいかな。マジで雷に打たれた気分でした。
美しすぐる。
久々に開いてみたら、僕は撃つという素敵な詩が。
こういうの大好き。書ける様になりたいなぁ。

暴力的なものがとても好きです。

文章、芸術、映画映像、造詣、内包する暴力を飛散させながら押しとどめている、そういう品のあるものが好きです。
暴力も何もない物は全く好きになれません。
漱石も暴力だよ、皮肉といふ。

昨日はここになにやら長文をしたためていたのですが、クリック一発で全削除されましたうぜぇ
リニジはどうですか?アローアロー。リニジはあと13%でレベル49、50までは113%、そこまでうちの精神が続くのか、地球が続くのか、リニジが続くのか、この世は神様との我慢比べ

文字で書くと駄目だ、そしてやっぱり影響されるる。
漱石を読めば李白が懐かしく、(漱石自体は王維やら屈原のファンらしいけれど)三島を読めば葉隠れが思い出され、芥川を読めばゲーテを考える。そしてそれら作家に飽きてしまうと安吾が首をもたげて、ニーチェに救いを求めたあとは、ショーペンハウアーに癒される。
全部振り出しにもどって赤ちゃんになる

別にリニジじゃなくてもいいんじゃない?なんてね、吐き出す場所が少なくなってでも書かなきゃいられなくって書いているだけです
書かなきゃいられないのですそういう気分なのです
頭の中はうるうるぐるぐる渦巻きが回るのに、書ける場所がないなんて、民衆を導くばかりのキリストさながらの苦しみではないか

だって言いたいことは全部ミクシに書いたとりあえずの主張はミクシに書いたあとは思想の残りかす、上記の作家が書いていた言葉、
思想とは善と悪を越えたところにある、と事実なのですそれは紛れもない。

あと最近句読点使うのが嫌い、少し読みにくい文章を目指している、
ヘンリー・ダガーみたいな、高島野十郎みたいな。
多分眠いだけだと思うおやすみ地球、お休み私、さよなら人類
私は眠った後に死ぬのです、一分一秒にさよなら、一つ一つ死に近づいていってあとは何も残らなくなればいい。

そういえば、覇王ヒロがミクシで紹介してくれたゲームをようつべで見た。死にたくなった。ネット世界に人格を残して死ねば、私は自由徹底自由、でもそれすら残したくない、死ぬのなら、
吐く息さえも消してしまうべきなのだ!!!!

激しく影響受けてるな。何か読み物をしたあとはすぐこれです。
駄目だ駄目だ!これじゃあ駄目だ!

脳細胞とかしきったあとの世界が見てみたい。
それこそ、ニーチェの言う、彼岸ではなかろうか。
スポンサーサイト
別窓 | ちょこっと日乗 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| symmetry/method |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。